足立朝日

掲載:2008年11月20日号


「花畑記念庭園の紅葉」

平成17年12月撮影


 ここは花畑4―40にある、滝、池、小川、築山などがある地泉回遊式庭園で、広さ2万1688平米。昭和59年9月の開園。3年前付近を散歩中に入園し、鮮やかな紅葉に魅せられてシャッターを切りました。
  このあたりは昔、花又村、後に花畑町という田園地帯でしたが、区画整理中に区制50周年を記念して花畑公園を設け、西半分にこの庭園を造成しました。 (さらに…)
掲載:2008年9月20日号



「祭礼・子どもたちの昼と夜」
 昭和39年9月
  千住4丁目氷川神社祭礼でのスナップ。上は、柴又の寅さんのような人物が風船を売っている場所で、子どもたちが取り囲んで眺めている。近くには「綿菓子」が人気を集め、のんびりとお祭りを楽しんでいた。 (さらに…)
掲載:2008年8月20日号


昭和7年 出典=西新井町写真帖


「荒川放水路の夏」
 夏の荒川、2枚の写真を見ると「昔は良かったなあ」とつくづく懐旧の思いが浮かんできます。上は場所は解りませんが、ボートに乗る人々が夏の一日を楽しんでいる有様が実に羨ましい。この頃は大型船の航行も少なかったので、悠々と舟遊びが出来た。
 下は子どもたちが水泳を楽しんでいる光景。はるか向こうに見える橋の名を知りたくて、昭和初期の地図を参照すると、上流に江北橋、下流に西新井橋が表示されている。私は江北橋ではないかと思うが、ご存知の方のご教示をお待ちする次第です。
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
掲載:2008年7月20日号


昭和37年5月


同45年1月
「日比谷線と千代田線」
 千住での賑やかな人々の往来は地下鉄二線の影響が大きい。開通以前は常磐線、都電の猛烈な混雑に悩まされた事を覚えている人は少なくなったと思う。
  日比谷線は写真撮影の時、南千住まで開通して人形町まで東武線の乗り入れが始まり、利用者に大きな利便を齎した。昭和39年8月に中目黒まで全線開通し、東急線との相互乗入れが実現した。
  千代田線は、昭和44年12月に大手町まで開通した
が翌々年に綾瀬間の工事が完成して常磐線との直通運転が開始された。これも沿線の人々にとっては朗報であった。同53年3月には代々木上原間、全線が開通し小田急線と相互乗入れとなった。綾瀬、北綾瀬間の開通は同54年である。
(記事は永年蒐集した交通営団のメトロニュースより取材した)
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
★太田さんの貴重な冊子販売中。申込みは足立朝日へ
掲載:2008年6月20日号

千住新橋付近、上り国道4号線を見る
上=昭和40年10月、中=同63年11月、下=平成14年3月。
 上、昭和40年、撮影の時は国道拡幅の4年前。都電廃止の3年前だった。以前の国道を記録できたのは幸いだったと思う。交通量の増大に伴い、拡幅工事が始まったのは昭和44年で東側が13メートル広げられた。完了したのは同53年である。新橋も上り下りが分離されて便利になった。国道、両側の2階建家屋は次々に撤去されて高層のマンションが続々と建設され、その傾向は現在も続いている。後の2枚はその変貌を記録している。
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
★太田さんの冊子販売中。「東京の五十年東部編、都心編・西部編、足立の五十年、東日本の五十年、旧西新井」など。申込みは足立朝日へ。