足立朝日

掲載:2008年11月20日号


「花畑記念庭園の紅葉」

平成17年12月撮影


 ここは花畑4―40にある、滝、池、小川、築山などがある地泉回遊式庭園で、広さ2万1688平米。昭和59年9月の開園。3年前付近を散歩中に入園し、鮮やかな紅葉に魅せられてシャッターを切りました。
  このあたりは昔、花又村、後に花畑町という田園地帯でしたが、区画整理中に区制50周年を記念して花畑公園を設け、西半分にこの庭園を造成しました。 (さらに…)
掲載:2008年9月20日号



「祭礼・子どもたちの昼と夜」
 昭和39年9月
  千住4丁目氷川神社祭礼でのスナップ。上は、柴又の寅さんのような人物が風船を売っている場所で、子どもたちが取り囲んで眺めている。近くには「綿菓子」が人気を集め、のんびりとお祭りを楽しんでいた。 (さらに…)
掲載:2008年8月20日号


昭和7年 出典=西新井町写真帖


「荒川放水路の夏」
 夏の荒川、2枚の写真を見ると「昔は良かったなあ」とつくづく懐旧の思いが浮かんできます。上は場所は解りませんが、ボートに乗る人々が夏の一日を楽しんでいる有様が実に羨ましい。この頃は大型船の航行も少なかったので、悠々と舟遊びが出来た。
 下は子どもたちが水泳を楽しんでいる光景。はるか向こうに見える橋の名を知りたくて、昭和初期の地図を参照すると、上流に江北橋、下流に西新井橋が表示されている。私は江北橋ではないかと思うが、ご存知の方のご教示をお待ちする次第です。
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
掲載:2008年7月20日号


昭和37年5月


同45年1月
「日比谷線と千代田線」
 千住での賑やかな人々の往来は地下鉄二線の影響が大きい。開通以前は常磐線、都電の猛烈な混雑に悩まされた事を覚えている人は少なくなったと思う。
  日比谷線は写真撮影の時、南千住まで開通して人形町まで東武線の乗り入れが始まり、利用者に大きな利便を齎した。昭和39年8月に中目黒まで全線開通し、東急線との相互乗入れが実現した。
  千代田線は、昭和44年12月に大手町まで開通した
が翌々年に綾瀬間の工事が完成して常磐線との直通運転が開始された。これも沿線の人々にとっては朗報であった。同53年3月には代々木上原間、全線が開通し小田急線と相互乗入れとなった。綾瀬、北綾瀬間の開通は同54年である。
(記事は永年蒐集した交通営団のメトロニュースより取材した)
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
★太田さんの貴重な冊子販売中。申込みは足立朝日へ
掲載:2008年6月20日号

千住新橋付近、上り国道4号線を見る
上=昭和40年10月、中=同63年11月、下=平成14年3月。
 上、昭和40年、撮影の時は国道拡幅の4年前。都電廃止の3年前だった。以前の国道を記録できたのは幸いだったと思う。交通量の増大に伴い、拡幅工事が始まったのは昭和44年で東側が13メートル広げられた。完了したのは同53年である。新橋も上り下りが分離されて便利になった。国道、両側の2階建家屋は次々に撤去されて高層のマンションが続々と建設され、その傾向は現在も続いている。後の2枚はその変貌を記録している。
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
★太田さんの冊子販売中。「東京の五十年東部編、都心編・西部編、足立の五十年、東日本の五十年、旧西新井」など。申込みは足立朝日へ。
掲載:2008年5月20日号

開発前の北千住駅西口
上=平成11年1月、下=平成13年4月
 上は駅ビルより駅前通りを写した。右に進むと国道方面です。開発以前の右側建物はすべて撤去され、現在タクシーとバスの待機場となっている。下は開発工事の初期、初めてクレーンが立った日に写す。画面中央は今マルイが入っているビルの正面になっている。再開発工事は約3年前後の平成16年2月に完了した。
  千住の繁栄に大きく貢献したこの再開発事業に尽力された方々と、永年住み慣れた住居から転居を余儀なくされた方々に心から感謝したいと思います。
  先日、フジTVの「孝太郎が行く」の堤防場面に出演したが、対談相手の小泉さん、上地さんとも私が写した昭和30年代の千住写真を見て興味を示されていた。この2枚も将来、千住の歴史に残る記録写真になると思います。
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
★【昭和7年併合記念・旧西新井町写真集】太田さんが複製編集した70数年前の旧西新井町付近。昭和初期の貴重な記録。89頁、2千円。申込みは足立朝日へ。
掲載:2008年4月20日号


白旗塚史跡公園 出典=昭和30年足立区史。現状写真は本年3月撮影
 竹ノ塚駅東口より安行、又は草加行きのバスに乗る。4つ目の北寺町で降りて少し戻ると、東武線の手前にこの公園がある。
  昔、源義家が奥州征伐(約千年ほど前)に向う際、此処で白旗をなびかせて勝利を祈ったと伝えられている。昭和の中頃までは、この様な風景が東武電車の窓から見えたことを覚えている。
  昭和62年に史跡公園が開園し、簡素ながらも文化財を保存する環境が整った。ただ北入口にある都史跡白旗塚古墳という説明版が摩減して判読できないのが残念である。
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
★「昭和7年併合記念 旧西新井町写真集」発売中!
  76年前の旧西新井町一帯を記録した写真集。当時の風俗、建物、環境などが克明に撮影されている。90頁に約330枚の写真を掲載。2000円。発行=旧西新井町役場、撮影=ムラセ写真館。申込みは足立朝日まで。
掲載:2008年3月20日号


旧西新井町写真集・昭和7年
「足立区の五十年」を千住仲町の旧家の方にお届けした時に見せて戴いた本が、この「大東京併合記念写真集」であった。旧西新井町役場発行、ムラセ写真館撮影、一六八頁の本に二枚ずつ町内の家屋や家族の写真が紹介されていた。
 上=推測すると現在、本木新道のスタンダード前バス停あたりから南を見た風景ではないかと思う。下=この農村風景は本木五丁目208と記されているが、地図を参照すると現在の扇二丁目、三島神社あたりではないかと思う。共に75年ほど前の珍しい写真。
  そのほかに浅草紙製造業とか西新井大師前の商店街などが写されていて、当時の世相を伝えている貴重な資料である。永年保存されていた持ち主に感謝したいと思う。
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
掲載:2008年2月20日号

雪の朝 千住散歩 昭和42年2月15日
・左上=D型蒸気機関車。荒川鉄橋を渡る直前
・右=名倉医院近くの旅館。成田屋と堤防の雪
・左下=旧道、絵馬屋付近。雪景色寒さに震えた雪の朝、撮影
散歩の思い出。
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
掲載:2008年1月20日号


千住中心部俯瞰・昭和36年
  約47年前に撮影された貴重な画像である。中央の白い4階建付近が当時の区役所である。その上の左右に国道4号が通じ、4本煙突への道は今の墨提通り。右上の荒川に架かる橋は西新井橋、左の橋は隅田川に架かる尾竹橋である。その手前の東電4本煙突は、2年後に解体撤去された。右下に見えるのがJR常磐線の線路である。
  当時、私は千住四丁目に住んでいたのでこの辺はあまりよく知りません。説明不足の点はご教示下さい。
※出典=昭和36年発行区政要覧・足立区役所
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
掲載:2007年12月20日号


「中千住駅」と「西千住駅」(地図・昭和16年) 
昔、私が勤務していた出版社の『東京区分地図』の足立区を見ていたら、東武線「中千住駅」と、京成線「西千住駅」が記載されていたので調べてみた。
 東武鉄道「中千住駅」は大正13年に業平橋、西新井駅間に電車が運転されるようになり、「千住駅」として営業を始めた。駅は大踏切の東側南寄りにあり、浅草から最初の折り返し駅として、当時乗降客が3番目に多かった。昭和5年から「中千住駅」と改称されたが同28年に廃止された。
京成電鉄「西千住駅」は、昭和10年に上野付近トンネル工事の土砂で埋立てた緑町分譲地を売り出した際、現緑町二丁目交番付近で営業を開始したが、昭和22年に廃止された。
 参考図書=東武会社要覧、京成グループ要覧(いずれも平成17年版)。
 この連載は3年間に36回掲載しました。年齢も80代半ばを過ぎたので、一区切り付けたいと思いましたが皆様のご要望もあり、もう少し続けます。引き続きご覧頂きたいと思います。お便りお待ちしております。
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
掲載:2007年11月20日号



「大正記念道碑」
  昭和40年6月(右)、平成19年10月(左)。
 この碑は千住宮元町29、墨堤通りの角、自動車教習所前にある。大正5年、西掃部堀が埋立てられて大正記念道が完成した際ここに建てられた。この道路は、千住大川町の氷川神社前から南に今も大正通りとして宮元町まで延びている。
  碑文の作者は明治の文豪・森鴎外で、その経緯を次のように記している。「千住は父がかつて住んだ所で馴染みがあり辞退するわけにもいかず、謂れを書いて与えた」と文の末尾にある。
  碑文は約400字の漢文でこの道の由来を説いている。裏面には当時の千住の名士の名が約200人刻まれている。
  この貴重な文化財について、現場にある説明板の記述は平易で行き届いてはいるが、参観者には全文の読み下し文と裏面の名前を別に表示して頂ければ喜ばれるのではないかと思う。
(文・資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
掲載:2007年10月20日号




「小台の渡し」。写真・昭和6年、地図・明治42年
  明治の東京名所図会を見ると「小台の渡し、渡銭一銭を徴す。渡れば即ち尾久なり、川幅 八十間、両岸に茶店あり」と記されている。地図中央の三叉路は今もそのまま残っている。
 写真は隅田川を小台村から尾久村へと向かう途中で遠くに千住の四本煙突が見えている。乗客に日本髪の女性も見えるが、雨の日などはさぞ難儀した事と思う。昭和8年、少し下流に小台橋が架けられ、この渡しは廃止された。出典=写真・日本地理風俗大系、地図・参謀本部陸地測量部
■太田さんの「ノスタルジー東日本の五十年」、「同・西日本の五十年」が小冊子になりました。昔の写真と解説付。価格はいずれも1300円。ご希望の方は足立朝日まで。
(文、資料提供=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
掲載:2007年9月20日号


西新井大師 上=昭和五年・下=昭和七年
 西新井大師総持寺は天長三年(826)弘法大師の創建。地名は大師が汲んだ井戸の名に由来する。写真の本殿は江戸時代中期の建築だが昭和41年に惜しくも炎上、焼失した。現本殿は同47年の再建である。
  下の写真の右下に、東武・大師前駅のホームが見えるが、環七通り建設の際、100米ほど東方に移された。現在この付近は環七の道路となっている。出典=上は日本地理大系、下は新東京大観。
■太田さんの「ノスタルジー東京の五十年」が冊子となり懐かしい写真と解説付で発売中。「東部編1500円」「都心西部編1800円」。ご希望の方は足立朝日まで。なお、「ノスタルジー東日本」「西日本」が10月に発行されます。予定価格・各1300円。ご期待ください。
(撮影・文=太田畯三さん・千住旭町在住)
掲載:2007年8月20日号


昔の荒川風景。昭和7年。
 昭和7年、市郡合併により東京市に隣接している5郡82町村が編入された。南足立郡の千住町、梅島町、西新井町と舎人、伊興、綾瀬、花畑、淵江、東淵江、江北の村々が足立区となった。その際、記念に朝日新聞社から「新東京大観」が発行された。上巻を所持しているので紹介します。
  写真は千住新橋より荒川放水路下流を見たもので、遠くに常磐線鉄橋が見え、右側は現在の千住五丁目付近にあたる。水中に人がいるので水泳をしているのであろうか。75年前、夏の風景。
■太田さんの「ノスタルジー東京の五十年」が冊子になりました。懐かしい写真と解説付き。A=「東部編」1500円、B=「都心、西部編」1800円。ご希望の方は足立朝日編集室まで。
(撮影・文=太田畯三さん・千住旭町在住)
掲載:2007年7月20日号


「駅前の京成バス」 昭和39年3月。
  昔のアルバムを見ていたらこの一枚が目に入った。ボンネット型の京成バスの行き先が、新小岩駅となっている。
 どのような経路で走っていたのであろうか。早速、調査してみると足立区史に次のような記載があった。千住新橋を渡り、五反野南町を経て小菅の登記所前、伊藤谷本町を経て、綾瀬駅前に寄り、南下したらしい。とても複雑な道を通っているようだ。ご存知の方はご教示ください。
  バス右側の建物はすべて取り払われて、現在タクシーやバスの待機所となっている。向い側の平井商店以外はすべてほかの店と変わり、日興證券ビルは建替工事が行われている。(文=太田畯三さん・日ノ出町26在住)
■太田さんの「ノスタルジー東京の五十年・東部編」が冊子になりました。懐かしい写真と解説つき。ご希望の方は足立朝日編集室まで。1冊1500円
(撮影・文=太田畯三さん・千住旭町在住)
掲載:2007年6月20日号


 旧日光街道、千住小橋付近 大正年間。
  4月半ばにマルイで開かれた千住空襲戦跡展を参観した。焼跡の写真を撮影された故若田正治さんとは約30年前、何回もお目に掛かり豊富な昔話をいろいろと拝聴したことがあります。
  展示会におられた方にその話を申し上げた処、ゆっくり話し合いたいとの事で後日訪問した。
 岩田さんと同じ仲町の旧家のご主人宅で古い写真を見せていただいた。今回はその中の1枚を紹介いたします。場所は現在の仲町19番地付近で、火の見櫓から撮影されたもの。中央の大師道の横を流れるのは江川堀で、昭和6年頃暗渠(あんきょ)化されて下水道となった。馬車が渡っているのが千住小橋で、真中の家は稲垣葬儀社、手前の家は神田屋文具店でいずれも近くに移転した。右の洋館は郡役所で、その後区役所となり、昨年4月、足立産業芸術プラザがそこに開館した。この1枚は、戦前の仲町付近の貴重な記録となっている。
(撮影・文=太田畯三さん・千住旭町在住)
掲載:2007年5月20日号



昭和36年11月、北千住駅。
  明治29年に日本鉄道、土浦線として田端―土浦間が開通した際、開業した。右側の2代目は大正13年に改築され、昭和37年まで39年間使用された。左の3代目は25年間使用され、同61年、現駅舎と交代した。
 東武鉄道は明治32年に久喜まで開通した際、開業した。地下鉄日比谷線は、中目黒まで昭和39年全線開通。千代田線は同53年、代々木上原まで全線開通。つくばエクスプレスは平成17年、秋葉原―つくば間が開通した。駅前の広場は平成16年、再開発事業により上部に歩行者通路が設けられて、通行が大変便利になった。
(撮影・文=太田畯三さん・千住旭町在住)
掲載:2007年4月20日号


ほぼ同一地点の過去と現在



千住大踏切と日比谷線。昭和36年11月。
 この踏切は北千住の南方にあって、閉鎖時間が長いので通行人を困らせている。左に見えるSLは9600型で、貨車の入替え用に使用されていた。右、工事中の高架線は日比谷線で、翌37年5月に人形町まで開通し、東武線の乗り入れが始まった。同39年8月に中目黒まで全線開通し、東横線の乗り入れも開始された。
 2枚目の写真は最近の撮影で、ほぼ同一地点から見た風景。SLの場所にはつくばエクスプレスの橋脚が立っている。JRを跨ぐ歩道橋には、視界を遮る遮蔽板が取り付けられてあるので道路からは人の姿は見えない。撮影時、上の歩行路には1人の熟睡者と1組のアベックがいた。警察のすぐ近くにこんな都会の盲点があるのに驚いた。
(撮影・文=太田畯三さん・千住旭町在住)
掲載:2007年3月20日号



千住の4本煙突。昭和36年11月。
 東京電力火力発電所、大煙突の建設は大正15年(1926)で、38年後の昭和38年(1963)に解体撤去された。高さ83m、最大直径4・5m(底部面積約8畳の広さ)、4本は菱形に配置され、見る場所により1、2、3、4本に見えたので「お化け煙突」と呼ばれた。1本の重さ鋼板60t、煉瓦450t、合計510tであった。
 昭和24年(1949)、五所平之助監督の「煙突の見える場所」に登場した。映画は上原謙、田中絹代、高峰秀子など当時の大スターが競演してヒットしたので、全国的に有名な存在となった。 この発電所は、現在の千住桜木一丁目13付近にあったが、この日は子ども2人を連れて尾竹橋北側から東に入り、その巨大な姿を撮影した。
(撮影・文=太田畯三さん・千住旭町在住)
掲載:2007年2月20日号



「旧千住宿の面影」 昭和39年1月。
 千住四丁目、旧日光街道の東側にあった「げた久履物店」は、慶応年間に建てられ、度々の天変地異にも無事に過ごし、5代の人々が営業を続けていたが、昭和 50年頃ついに取り壊された。中央下に見える大きな下駄は、実に100年以上も店先に吊るされていた。戦前の小売店の典型的な形態を記録した1枚である。
 付近一帯には、現在も約150年前建築の「長円寺」や約180年前建築の「横山家」、8代も続いている絵馬屋の「吉田家」などが残っている。また、少し北には約160年程前に建てられた整形外科の「名倉医院」もあり、古い千住宿の面影を今に伝えている。
(撮影・文=太田畯三さん・千住旭町在住)
掲載:2007年2月5日号

 新宿区など各地で、犯罪抑止や摘発に大きな効果を上げている防犯カメラ。平成17年度から足立区内にも登場、区民の安全のために活躍している。 (さらに…)
掲載:2007年1月20日号



鉄橋直前、驀進するD51と列車。昭和42年1月。
北千住駅を通過し、荒川鉄橋を渡る直前の下りD51蒸気機関車と旅客列車を、日ノ出町清亮寺付近の堤防から西に向かって撮影した。
  寒い頃なので煙突や蒸気排出管からは、多量の白い気体が排出されて躍動感に溢れている。D51は本来貨物用だが、この頃は客車用としても使用されていた。
  2年後の昭和44年3月から、その雄姿が見られなくなったのは本当に寂しかった。鋭い汽笛と走行中の騒音は、何時までも懐かしい思い出となって脳裏に残っている。
(撮影・文=太田畯三さん・千住旭町在住)
掲載:2006年12月20日号


旧堀切橋・昭和38年3月。
  荒川放水路の建設が進み、大正13年に初代の木橋が完成。位置は東武線「堀切駅」と墨田水門の中間あたりで、橋の中央が葛飾区との境であった。長さ493米、幅は8米だった。
  戦時中に損傷を受けて工兵隊より架け替えられたが、渡る時に車が通るとすこし揺れるような粗末な橋だった。昭和42年に新しい橋が250米ほど上流に完成したので、旧橋は取壊された。その橋は長さ514米、幅17米である。
  空想雑記=千住循環バス「はるかぜ」が延びて、日ノ出町・旭町・曙町地区を走る風景
(撮影・文=太田畯三さん・千住旭町在住)
掲載:2006年11月20日号


荒川と千住新橋。昭和44年1月
 荒川放水路は明治43年の大水害で大きな被害を受けた下町地区を護るため、大正2年に起工され、17年後の昭和5年に完成した。千住新橋は初代が大正13 年に開通した。全長は452米、幅員は10米だった。二代目は交通量の増大に伴い、昭和47年から3期に分けて工事が続けられ、昭和61年に完成した。全長は446米、幅員は上り線15米、下り線が13米と広くなった。写真は37年前に常磐線鉄道付近より撮影。
  空想雑記・河川敷に多くの人が憩える綺麗な休憩所がある風景。

(撮影・文=太田畯三さん・千住旭町在住)
掲載:2006年10月20日号
掲載:2006年10月20日号
◆◇ゲーム感覚でコーディネーショントレーニング
上沼田小

 今、話題の「コーディネーショントレーニング」。コーディネーショントレーニングとは、バランス感やリズム感をゲーム感覚で養えるトレーニング。日常生活機能から、一流アスリートのトレーニングとしても注目されている。
  10月7日、上沼田小学校(大森隆雄校長)の体育館で、JACOT(NPO法人日本コーディネーショントレーニング協会)から小田俊一講師を招いて1年生から3年生の児童と保護者の希望者を募り、15組がレッスンを受けた。 (さらに…)
掲載:2006年9月20日号
掲載:2006年8月20日号
掲載:2006年7月20日号
掲載:2006年6月20日号
掲載:2006年5月20日号
掲載:2006年4月20日号
掲載:2006年3月20日号
掲載:2006年2月20日号
掲載:2006年2月20日号
音楽の基礎を足立ジュニア吹奏楽団に
 千住一丁目の千寿小学校跡に今年秋、東京芸術大学音楽学部の音楽環境創造科が移転してくる。同科に所属する講師が、足立ジュニア吹奏楽団に3回のソルフェージュ(音楽の基礎教育)の授業を行うことになった。同大学が小学生にソルフェージュ指導をするのは初の試み。 (さらに…)
掲載:2006年2月20日号

 関東地方にマグニチュード7~8クラスの東京直下大地震が来ると何年も前から騒がれている昨今。現代は少子化が進み、犬や猫、ハムスターなどの動物を自分の子どものように愛でる人たちが増えている。 (さらに…)
掲載:2006年1月20日号
掲載:2005年12月20日号
掲載:2005年10月20日号
掲載:2005年9月20日号
掲載:2005年8月20日号
掲載:2005年7月20日号
掲載:2005年6月20日号
掲載:2005年5月20日号
掲載:2005年4月2日号
掲載:2005年3月20日号
掲載:2005年2月20日号
掲載:2005年1月5日号


↑クリックすると大きな画面が出ます↑