足立朝日

掲載:2007年12月20日号
動物先進国への道(下)
 年間40万匹前後の犬猫が行政によって悲惨な方法で殺処分される日本。そのほとんどが無責任な飼い主に持ち込まれた又は捨てられたペットだ。そして、その数倍の数が人の目に付かないところで放置され、哀れな最期を遂げる。この日本の「不要ペット現状」が世界の先進国の中では例を見ない社会問題になっている。 (さらに…)
掲載:2007年11月20日号
動物先進国への道(上)
 私が日本の犬たちの目も当てられない悲惨な飼い方と直面したのは25年ほど前、足立区に引っ越したときであった。飼い方の問題だけではなく、捨て犬の数にもビックリ! 日本という国ってどうなっているの?と疑問に思い、色々と調べはじめたところ、目から鱗。先進国だと思った日本国の本当の姿は「動物後進国」だった。 (さらに…)
掲載:2007年10月20日号
不要犬国 日本
 「判決が出ました。被告人、立ちなさい」。
 「被告人が犬に生まれたという理由で、8年間、鎖でつながれっぱなしの刑に処する。その後、不要とみなされ、窒息死による死刑を宣告する!」 (さらに…)
掲載:2007年9月20日号
「保安係」は「不安係」であった
 ある日、玄関の脇に紅白のビニールテープで閉じられた大きな段ボール箱を発見。
  誰だろう……人の家の前にゴミを置いていくなんて?! 箱を片付けようとしたところ、突然、箱の中身が動いた。マサカ!! そう、そのマサカだった。誰かが、生き物を我が家の玄関脇に捨ててしまった! (さらに…)
掲載:2007年8月20日号
猫の犠牲をゼロに
 毎年、行政によって殺処分されているペットの半分以上が猫だ。なぜ?
  都内の各公園にいる「ホームレス猫」が社会問題になっている。なぜ? (さらに…)