足立朝日

ニュースピックアップ

掲載:2021年7月5日号
 弦が音を奏で始めた瞬間、まるでバイオリンが語りかけてくるような錯覚を覚える。柔らかさを増した伸びやかな音色は、さらに雄弁になったようだ。
 ドイツのミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターに就任したバイオリニスト・青木尚佳さん(29/千住出身)が、6月16日(水)・17日(木)、サントリーホールでのNHK交響楽団(以下、N響)のコンサートにソリストとしてゲスト出演、聴衆を魅了した。

Read the rest of this entry »