足立朝日

掲載:2020年1月5日号
 2020年(令和2年)が開けたが、景気を何とかしたい、気候も安定してほしい……ということで、今年は七転び八起のだるまをそばに置いて、一念発起で行こう。「はっぴーだるま」のお出ましだ――。
(さらに…)
掲載:2020年1月5日号
 ミニチュア玩具などを作る東綾瀬1丁目在住の秋山利明さん(67)=本紙昨年2月号「人」欄掲載=が、今年の干支(十二支)の子にちなんで縁起物のからくり玩具「ネズミと米俵」を作った。 (さらに…)
掲載:2020年1月5日号
 「ジャパンフェスタin ADACHI2020」が今年1月、ギャラクシティで開催される。足立区から日本文化を発信して子どもたちへ継承し、訪日外国人にそれらを伝えるアンバサダーになってほしいという願いを込めて、心ときめく数々のイベントを実施する。
(さらに…)
掲載:2020年1月5日号
◆千住旭町商店街
 千住旭町商店街(宮本勝男理事長)が、カレンダー付きの商店街マップを作製、昨年12月8日(日)から加盟店で配布を始めた。今回は、区の助成金制度「足立区商店街イメージアップ事業」の補助金を使って、A2版を1万部、B2版を300部作った。
 「商店街の会員も少なくなり、どうしようかと悩んでいた時に参加した勉強会で、マップを作っている商店街がある話を聞いたのがきっかけ」と石橋稔理事(「サラダ館」店主)。
 作る際に、区内でもトップクラスの約130という加盟店を1軒づつ回り、店舗名と電話番号を確認する苦労もあったが、業種別にアイコンや色を分けるなど見やすいマップが完成した。
 「カレンダー付きなので、玄関や部屋に飾ってもらって商店街にこんなお店があるんだということを知ってもらえればうれしい」と宮本理事長。
◆ミリオン通り商店街
 千住仲町にある「ミリオン通り商店街」(間嶋昭人会長=うなぎの「まじ満」店主。TEL3888・4411)も区の「商店街イメージアップ事業」の補助金を使って、商店街マップを作った=写真。
 A3大の用紙の表は、通りの地図に25の加盟店(施設・会社)を置き、希望したお店には、おススメの商品や外観の写真、簡単な紹介記事を掲載。裏には8店(施設)の店主らのインタビューも載せた。
 表裏に「GO!MILLION!」の赤文字が躍り、6つ折りにしてしまえるオシャレな地図になっている。間嶋会長は「商店街にとっては厳しい時代ですが、ユニークな裏通りにしていきたい」と話した。

写真上/カレンダー付き商店街マップを手に石橋理事=サラダ館で
掲載:2020年1月5日号
 昨年12月14日(土)、保木間小体育館で六月中学校(塚原洋校長)、保木間小学校(巻島正之校長)、中島根小学校(武井利依校長)三校連携開かれた学校づくり協議会主催の「第12回ビューティフルコンサート&学習会」が開かれた。 (さらに…)