足立朝日

掲載:2022年7月5日号
 猫耳の娘、角の生えた男性、背の高い狐面――薄暗いホールのあちらこちらで、人に混じって楽しんでいるのは異形の物の怪たち。 (さらに…)
掲載:2022年7月5日号
 都内で初の「九条の碑」が完成し、6月19日(日)、除幕式が行われた。 (さらに…)
掲載:2022年7月5日号
 日本で最小の猛禽類であるツミが、今年も区内の公園で営巣し、ヒナを生んで繁殖している。その広がりは、かなりのもので、「足立の自然の回復」として歓迎されそう。今号では、ツミを観察し続けている二人のカメラマンの便りと写真を掲載する。 (さらに…)
掲載:2022年7月5日号
 区内5カ所の民間文化施設でコンサートなどを実施している生涯学習振興公社の「コンサートinミュージアム」が6月19日(日)、六町2丁目にある美術館六町ミュージアム・フローラで開かれた。 (さらに…)
掲載:2022年7月5日号
 社会福祉法人あいのわ福祉会(橋本弘理事長)の理事で、後援会長の秋山啓司さん(88)による句集「忘れられない刻があり言葉があり風景がある(上・中) あいのわ福祉会の皆さんの絵画集」が完成した。前作が出てから7年ぶり、2冊目となる。 (さらに…)