足立朝日

あだち菜うどん・パスタが 「東京都地域特産品認証食品」として 認証される

掲載:2017年3月5日号
足立区産小松菜をふんだんに練りこみ、足立区の新ご当地グルメとして好評の「あだち菜うどん」と「あだち菜パスタ」がこのほど、東京都地域特産品認証食品として認証された。これは、都内産の原材料を使っている加工食品や東京の伝統的な手法を使うなど生産方法に特徴があると認められる食品を都が審査して認定するもの。
これにより、足立区外のお店で販売されたり、東京のお土産として売られるなど、販売網が広がることが期待される。
現在、「あだち菜うどん」「あだち菜パスタ」の「お土産乾麺」は、ともに希望小売価格で1袋(100g=一人前)450円+税で「千住街の駅」(千住3‐69、旧日光街道)などで販売されている。
【問合せ】TEL&FAX3870・7907あだち菜うどん学会