足立朝日

「倉庫からの火災を防ごう!」と 東京団地倉庫で消防演習 ―西新井消防署―

掲載:2017年4月5日号
3月2日(木)午前、西新井消防署(竹泉聡署長)では、春の火災予防運動の一環として、足立区入谷6-2-11にある「東京団地倉庫足立事業所」で大規模な消防演習を実施した。
 倉庫で実施する消防演習は都内では珍しく、先に埼玉県で発生した大規模な倉庫火災を受け、都民の関心が高まっているこの時期に実施したもの。
参加したのは、東京団地倉庫足立事業所自衛消防隊と西新井消防署。1階エレベーターホールから火災発生、との想定で、自衛消防隊による初期消火や119番通報、避難誘導、それに通報を受けて出場してきた消防隊による消火活動が行われた。
西新井消防署では「今回の演習では、火災発生時の初動体制の重要性を再認識し、いざという時の活動や連携について再確認をするいい機会となった」と語っている。

はしご車もフル稼働=東京団地倉庫足立事業所で