足立朝日

中学生「東京駅伝」大会 足立区は昨年に続き総合3位入賞

掲載:2013年6月5日号
 3月20日(水・祝)、味の素スタジアムと都立武蔵の森公園で行われた「第4回 中学生東京駅伝大会」で、足立区選抜チームが女子2位、男子5位、総合3位を獲得。5月8日(水)に約50人の選手・スタッフが区長を表敬訪問した。
 同大会は、東京都教育委員会の主催で、23区、26市、1町、南三陸町の51チーム、中学2年生の選抜チームで競われた。男子は42・195㎞を17人で、女子は30㎞を16人でつないでゴールを目指した。
 足立区は、第1回で総合2位、第3回で総合3位(第2回は東日本大震災により中止)を獲得しており、今年こそは優勝をと臨んだ。結果は、総合3位だったが、昨年なら優勝していたタイムでゴールを切った。
 区長を表敬訪問した選手たちにはメダルと記念品が贈られた。近藤区長は「今回の経験は長い人生の中で大切な財産になると思います。壁にぶつかった時、今大会のことを思いだして乗り越えていってください」と選手たちに語りかけた。
 総合成績とタイムは以下の通り。
 ①町田市(4時間14分57秒)②八王子市(4時間15分05秒)③足立区(4時間15分54秒)

写真/近藤区長、青木教育長と選手たち=足立区役所で