足立朝日

見る聞く

掲載:2018年8月5日号
●「原爆・平和・戦争を考える展示会」
 8月6日(月)~15日(水)午前9時~午後5時(初日は午前11時から、最終日は午後3時半まで)、11日(土祝)・12日(日)は閉庁日、区役所1階アトリウム。無料。主催=足立区原爆被害者の会。同時に「平和に関する資料展」(主催=足立区、足立の学童疎開を語る会)も開催。展示、ビデオ上映(「はだしのゲン」「この世界の片隅に(アニメ)」他)。▼「被爆体験の証言と音楽のつどい」9日(木)午前11時~午後0時50分=証言&ソプラノ歌手・笹谷信子さんの歌と合唱。問合せTEL070・6402・0052藤澤
●「このまちに生きる―第10回障がい者施設地域交流展示会」
 8月21日(火)~24日(金)午前9時~午後5時(最終日3時半まで)、区役所1階アトリウム、無料。▼体験コーナー(10時~正午・午後1~3時)=くるみボタン作り、さをり織り、絵手紙など。▼ぶるーすかいピアニカ演奏=23日(木)0時15分~35分。毎日先着50人にプレゼントあり。参加団体=あしなみ、あだちの里、はなさく福祉会、リード・エー。問合せTEL3857・8839葦の会作業所
●第31回「足立平和のための戦争展」
 8月24日(金)~26日(日)午前10時~午後6時(24日は午後1時~)、足立教育会館(西新井栄町2-13-8)。「憲法改憲は国民のためになるの?―改憲は戦争への道―」▼講演と平和コンサートの集い(25日・午後1時半~4時)、講演「長崎原爆を体験して」(福田幸雄氏) ▼証言を聞く集い(26日・午後1時半~3時半)、「真実はどこにあるか」(吉田万三・元足立区長)。問合せTEL3849・0297足立平和のための戦争展実行委員会
●8月3日(金)公開 映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」
 おなじみスパイアクション映画のシリーズ最新作「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の8月3日公開に先立ち、主演のトム・クルーズが、共演のヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督とともに来日した。
 今作のアクションは、スケール、危険度ともにシリーズ最高峰。生身のバトルやカーチェイスに加え、上空7620mから飛び降りるハイロージャンプ、トム自らがヘリを操縦して挑んだスパイラル飛行など、スタントなしの本物のアクションの迫力に息つく暇なく圧倒される。
「映画は人生の全て。常に全力を尽くしている。アクションを観客に体感して欲しい」と思いを語ったトム。またマッカリー監督は「トムほど全力投球の役者はいない。献身的な姿勢は他の人にも伝染する」と、トムとの映画づくりを絶賛。4人の息の合ったやりとりから、チームワークの良さも完成度に大きく貢献したことを伺わせた。
●高校演劇サマーフェスティバルinシアター1010
 関東圏の人気、実力ともにレベルの高い高校演劇部が出演。笑いあり、涙ありのバラエティーに富んだ作品が楽しめる。足立区の中学生も出演。【日時】8月16日(木)・17日(金)正午開演(30分前開場)【場所】シアター1010(北千住マルイ11階)
【料金・チケット】無料、チケットはシアター1010・10階受付(午前9時~午後8時)で各公演前日まで配布(なくなり次第終了)、予約=HPで8月13日(月)まで。チケットのない人は当日午前11時以降、満席でない場合のみ入場【出演】▼16日=正午~足立区中学校演劇選抜隊、1時20分~富岳館高(静岡)、2時40分~新島学園中・高(群馬)、4時~新潟中央高(新潟)、5時20分~大船高(神奈川) ▼17日=正午~柏の葉高(千葉)、1時20分~智学館中等教育学校(茨城)、2時40分~千早高(東京)、4時~芸術総合高(埼玉)【問合せ】TEL3732・1185(8月10日~15日、土日祝除く)