足立朝日

「創業プランコンテスト」 「新製品・新事業開発補助金」採択者決定!

掲載:2018年9月5日号
 中小企業を応援する区の助成金制度「創業プランコンテスト」と「新製品・新事業開発補助金」の平成30年度採択者が決まった。8月7日(火)、区役所で近藤区長より採択者へ表彰状が手渡された。
 「創業プランコンテスト」は、区内ですでに起業している(創業3年未満)または今後起業を予定している事業者を対象に、最大200万円までの補助金が交付される。
 「新製品・新事業開発補助金」は、区内に事業所を有して3年以上の事業者を対象に、①「試作品開発コース(最大15
0万円)」と②「実用製品化・新事業提案コース(最大300万円)」がある。①のコースは、試作品から実用化まで2年以上にわたって新製品化に向けて取り組み、初年度に試作品の開発を行う事業。②のコースは、製品や技術そのものの付加価値を高め、実用製品化に向けて取り組む事業または、相当程度市場で普及していない新たなサービスを創出する事業。
 いずれも中小企業を応援し、区内経済の活性化につなげる大型助成金制度だ。
 今回採択された企業と事業名は以下の通り。
【創業プランコンテスト(応募14件、採択3件)】▼最優秀賞=㈱立命(眞野玲子代表、西綾瀬2-23-10)、足立の子どもの思考力・判断力・表現力向上のための作文指導事業▼優秀賞=㈱ドローン・フロンティア(弓削拓実代表、千住旭町22-22)、ドローン運用コンサルティング▼同=吉越通子代表(千住旭町38-1)、人工透析患者が治療中に使用する見守り保温カバーの販売
【新製品・新事業開発補助金(応募7件、採択2件)】▼実用製品化・新事業提案コース=セブンエイト流通コンサルタント合同会社(鈴木邦彦代表、本木北町4-14-3
02)、トラック荷台用雨除け装置(商品名カーゴタープ)の事業化▼同=㈱大勝テック(大谷達裕代表、西新井2-1-18)、ビル、マンション等のルーフドレン(屋上、バルコニーの排水口)の再生工法
【問合せ】TEL3880・5495企業経営支援課

写真/近藤区長を囲む右から吉越、弓削、眞野、鈴木、大谷の各代表=区役所で