足立朝日

アサガオ栽培コンクール 優秀賞個人は伊東花帆さん、団体は西保木間小

掲載:2018年9月5日号
 8月5日(日)、竹の塚センターで青少年対策竹の塚地区委員会(芦川直實会長)主催の「第43回アサガオ栽培コンクール」が開催された。個人の部では、水神町会の伊東花帆さんが、団体の部では西保木間小学校が優秀賞に選ばれた。
 このコンクールは、花を育てることで、子どもたちの心を育み健全育成になればと毎年開催されている。5月に事務局から配布された種を使い栽培されたアサガオ。個人の部では町会・自治会・子供会を通して31点が、団体は小中7校104点が集まった。
 今年は連日の猛暑が続き、ほとんどの子がうまく花を咲かせることが出来ず、葉っぱのみの状態のものも多く見られた。それでも、茎の育ちや葉の色などからどれも一生懸命育てたことが分かり、審査員たちは「甲乙つけがたい」と頭を悩ませた。
 個人の部で優秀賞を受賞した伊東さんのアサガオは、葉の色も良く、咲いた1輪の花が天に向かい元気に育っている点などが評価された。
 入賞結果は以下の通り(敬称略)。
【個人の部】▼優秀賞=伊東花帆(水神町会)▼特別賞=岩瀬優(都営住宅六月むつき自治会)、伊東花恋(水神町会)▼努力賞=渡辺愛莉(竹の塚三丁目町会)、落合七彩(都営住宅六月むつき自治会)、山田美藍(同)、日永和樹(同)、金杉涼斗(水神町会)
【団体の部】▼優秀賞=西保木間小▼特別賞=渕江第一小、竹の塚小▼努力賞=渕江小、保木間小、竹の塚中、六月中

写真/団体優秀賞の西保木間小=竹の塚センターで