足立朝日

見る聞く

掲載:2018年9月5日号
●日本の美四季秋の企画展「那波多目功一の世界 スケッチと花の下図展Ⅳ」
 9月1日(土)~10月31日(水)午前11時~午後5時(入館は閉館30分前まで)、日曜・月曜休館、六町ミュージアム・フローラ(TX「六町駅」A1出口徒歩3分)【料金】一般300円、学生・生徒200円、小学生以下無料【問合せ】TEL3885・7333
●歌川広重没後160年「広重目線」
 9月4日(火)~10月8日(月祝)午前9時~午後5時(入館は閉館30分前まで)、月曜休館(祝日の場合は翌火曜休館)、郷土博物館(JR「亀有駅」より東武バス「八潮駅南口」行「足立郷土博物館」下車1分、千代田線「綾瀬駅」より東武バス「六ツ木都住」行「東淵江庭園」下車4分、駐車場あり)。【料金】大人200円、中学生以下・70歳以上・障害者手帳保持者と介護者1名は無料(第2・3土曜は無料公開日)。風景画の第一人者として人気を誇った江戸時代後期の浮世絵師・歌川広重(1797-1858)。「名所江戸百景」など構図に着目し、広重の描く風景の魅力を紹介する。問合せTEL3620・9393足立区立郷土博物館
●「一日だけの広重展」
 9月6日(木)午前10時~午後4時半、東岳寺客殿(伊興本町1-5-16、竹ノ塚駅西口下車7分)。「東海道五拾三次」で有名な江戸時代の浮世絵師・歌川広重の墓がある伊興寺町の「東岳寺」で命日に「一日だけの広重展」が開催される。無料。TEL3899・3790
●2018年「虹の会展(パステル画)」
 10月2日(火)~6日(土)午前11時~午後5時(最終日は午後3時まで)、六町ミュージアム・フローラ2階多目的室(TX「六町駅」A1出口徒歩3分)。無料。問合せTEL3885・1700虹の会・熊上
●藝大Big Band “MANTO VIVO”「Let’s スイング・ジャズ」
 10月13日(土)午後3時開演(2時半開場)、西新井文化ホール。料金1000円(全席指定)、チケットはギャラクシティ、区庁舎ホール、各地域学習センターなど区施設で販売中。曲目=Sing Sing Sing、Fly Me To The Moon他。学生有志による藝大唯一のジャズ・バンド。クラシックの確かな技術から生まれるアンサンブルの美しい響きに、ジャズの軽快なリズムが加わった特有のサウンド。問合せTEL5242・8161ギャラクシティ(チケット・座席について)、TEL050・5525・2744東京藝術大学アートリエゾンセンター(公演について)
●「生物園」 9月8日(土) 夜間特別開園/30日(日)25周年感謝デー 入園無料!
○夜間特別開園「鳴く虫night」
 9月8日(土)午後6~9時(最終入園は午後8時半)。入園料(大人300円、小人150円)。小学生以下保護者同伴。▼鳴く虫鑑賞会(6時~8時50分) ▼淵江高校の和太鼓・コーラス(6時半~7時半) ▼スズムシ飼育教室(7時45分~8時15分)=小学生以上対象、定員15人(先着・当日午後6時~受付)、500円(飼育ケースと生体付き) ▼鳴く虫解説コーナー
○生物園25周年感謝デー
 9月30日(日)午前9時半~。先着250人に記念グッズプレゼント。30分ごとに生きもののごはんの時間も!▼25周年セレモニー(9時半)=歴代園長祝辞、淵江高校和太鼓・コーラス ▼移動動物園(午前10時半~正午、午後1時半~3時)=東武動物公園から生物園では普段見ることができない鳥たちがやってくる ▼フライトショー(午前11時~11時半・午後2時半~3時)=元渕江公園(雨天時は生物園内)、東武動物公園のハリスホークとルリコンゴウインコのフライトショー。羽ばたく姿を間近で。
○今年の「はちみつ」販売
 生物園で飼育しているセイヨウミツバチが生物園周辺の花々から集めた百花蜜を、8月25日(土)より数量限定で販売。混じりけなしでコク深い100%自然の味。110複、1000円(税込)
【問合せ】TEL3884・5577