足立朝日

六大学学長会議開かる 「生涯学習」を論議

掲載:2018年10月5日号
 区内の大学の学長と区長が直接意見交換を行う「六大学学長会議」が8月27日(月)北千住にある生涯学習センター講堂で開かれた。2009年(平成21年)から始まったこの会議も、今回で10回目。
 参加したのは、安田浩東京電機大学、來生新放送大学、澤和樹東京芸術大学、角山剛東京未来大学、沖永莊八帝京科学大学、近藤研至文教大学の6大学学長、近藤やよい足立区長、各大学と区の関係者ら約80人。文教大学は、3年後の2021年4月に花畑地区に開学予定でまだキャンパスは出来ていないが、近藤学長は4回目の出席。
 今回のテーマは「人生100年時代を楽しく豊かに生きるために」。各学長が、自らの体験を元に「生涯学習論」を展開したが、結局、専門の異なる各大学がその専門性を生かして、足立区民の生涯学習活動にどのようにかかわり、キャンパスを開放していくかという具体論は、今後の議論にゆだねられた。

写真/「生涯学習論」が展開された学長会議=生涯学習センター講堂で