足立朝日

見る聞く

掲載:2019年7月5日号
●「海の日ジョイントコンサート vol.19」
 7月15日(月祝)、西新井文化ホール。①学生の部(正午開場)=入場無料。▽第1部(午後0時半~)=興本扇学園、加平小、古千谷小、辰沼小、中島根小、長門小、他 ▽第2部(1時50分~)=足立区立中学合同合唱団、西新井中、千寿桜堤中、第一中、獨協埼玉中学高等学校コーラス部、潤徳女子高等学校合唱部 ②一般の部「大中恩先生を偲んで」=午後6時半~(6時開場)。入場料500円(当日受付で)。NAOコーラスグループ、北千住イーストゲート合唱団、大地と緑の合唱団、コーロ・フェニーチェ、海の日「五色桜」合同合唱団。問合せTEL3880・5986地域文化課
●「川島史也×宮崎みどり 二人展」
 7月20日(土)までの午前11時~午後6時(入場は5時半まで)、月休、ROJIBI千住旭町 路地裏美術館(千住旭町36-1/北千住駅東口徒歩4分)。入館料=大人300円、中学生以下無料。路地裏の古民家が美術館に再生。記念すべき第1回の展示会。関東を拠点に活躍する若手彫刻家による木や漆、ガラスなどによるユニークな作品展。アート体験コーナーも。問合せTEL6331・1386、Eメール NPO法人千住芸術村
●わたなべ音楽堂
 ①「第55回 田中拓未サロンコンサートシリーズ~七夕コンサート~」7月7日(日)午後2時半開演。料金=一般3000円、18歳未満1000円。足立区出身のピアニストによるコンサート。曲目=ピアノソナタ第11番作品22変ロ長調(ベートーヴェン)他 ②「山本のりこ ソプラノリサイタル」7月21日(日)午後3時開演。料金=2000円(全席自由)。曲目=アヴェ・マリア(6名の作曲家)、日本歌曲、他。問合せTEL3889・1662(中央本町4-12-5/区役所徒歩7分)
●7月10日(水)~17日(水)劇団青年座「明日 一九四五年八月八日・長崎」
 足立学園出身の高松潤さんが所属する劇団青年座の第237回公演。原作は井上光晴の小説で、ドラマ化や映画化され、何度も再演されている不朽の名作。
 原爆投下の前日、1945年8月8日・長崎。愛し傷つき勇気を奮い起し、悲喜こもごも生きる人々を突然襲う運命の「明日」。人間の存在意義を問い、核の脅威と向き合う「今日」を考えさせられる物語を、ヴァイオリン、チェロ、ピアノの生演奏と共に送る。高松さんは市電の運転手をしている花嫁の叔父・水本広を演じる。
 脚色=小松幹生、演出=鈴木完一郎、演出補=山本龍二。
【日時】7月10日(水)~17日(水)午後7時=10・11・12・14・16日、午後2時=11・13・14・15・17日(15日はアフタートークあり)
【場所】東京芸術劇場シアターイースト(池袋駅西口徒歩2分)
【料金】前売り5000円、当日5500円、25歳以下3500円、18歳以下2000円
【申込み・問合せ】TEL0120・291・481劇団青年座(「高松扱いで」と伝える)