足立朝日

銭湯で当てよう ここだけの特別列車 東武鉄道「芭蕉の湯」号招待 初の銭湯イベントも開催

掲載:2019年8月5日号
 8月は「あだち銭湯月間」。それにちなんで「あだち銭湯スタンプラリー2019」やイベントなどが開催される。主催は東京都浴場組合足立支部。
 スタンプラリーは足立区内の銭湯3カ所を巡ると、東武鉄道の臨時列車「芭蕉の湯号」に抽選で乗車できるというもので、昨年に続き2度目。
 運行ルートは東武線の亀戸駅(芭蕉が出発した地・江東区)から大師前駅(芭蕉が初めて降り立った地・足立区)までの約25分。東武亀戸線と大師線を途中逆走する形でまたいで走るため、東武鉄道社員でさえ普段乗ることがない特別な路線とあって、鉄道ファンの熱い注目を集めている。
 当選者には記念乗車証、記念タオル、記念入浴券のプレゼントもある。
 スタンプラリーとは別に、銭湯を身近に感じられるイベント「湯ニバーサル銭湯じゃばーん」が、初めて開催される。
▼あだち銭湯スタンプラリー 
【応募期間】8月16日(金)まで
【応募方法】区内の3カ所の銭湯で「奥の細道」にちなんだ俳句キーワードを集め、応募用紙またはWEBで応募(キーワードと応募用紙は区内31銭湯全てに設置)
【芭蕉の湯号運行日】8月24日(土)・25日(日)・31(土)、9月1日(日) の各日1便(計4便)
【当選人数】各便60組12
0名(計480人)
▼湯ニバーサル銭湯じゃばーん
【日時】8月15日(木)、16日(金)午前10時~午後5時
【場所】ギャラクシティ
【内容】プレイコーナー、アトラクション、銭湯ネイルなどのワークショップ、銭湯背景画ライブイベントなど
【料金】入館無料、有料イベント有
【問合せ】TEL090・5760・2391荒木

写真上/かわいい芭蕉が描かれたポスター
下/昨年の特別列車