足立朝日

小学生が家で動画を見ながら科学体験 東京電機大学「ものづくり教室」

掲載:2021年1月5日号
 毎年大人気の「科学・ものづくり体験教室」を千住旭町の東京電機大学と足立区教育委員会が共同で今年も開催した。コロナ禍ということで初めて動画配信によって行われ、子どもたちは12月11日(金)~24日(木)の配信期間中に、家で好きな時間に動画を見ながら届いた作成キットを組み上げた。
 小学5年生を対象に185人の応募があり、事前に4つの企画から自分がやりたいものを事前に1つ選んでもらった。企画は①紫キャベツを使って水溶液の酸性・中性・アルカリ性の秘密を知ろう②カメラの原理となるカメラオブスキュラを作って光のフシギに迫ろう③自分の家がどうやって建ってるのか建築のペーパークラフトを作って学んでみよう④燃料は入浴剤。ペットボトルの船を作って水と化学反応を起こして水面を走らせよう。
 いずれも子どもたちの科学に対する興味関心を育て、考える力や工夫する力など科学的思考を身に付けられるものばかり。
 40分~90分の体験の中で、子どもたちは楽しみながら科学について学ぶことができた。

写真上/「入浴剤を使ってペットボトルの船を走らせよう」の動画のワンシーン
下/「建築のペーパークラフトを作って学んでみよう」の動画のワンシーン