足立朝日

読者の声

掲載:2021年10月5日号
9月号に寄せられた読者の紙面への感想を紹介します。
◆「9月に入って秋の虫の鳴き声が聞こえはじめました。いつまでも虫の声や鳥のさえずりの聞こえる環境を守っていきたいなと思います。コロナの終息を心から願います」(中央本町、62歳、女性)
◆「今号はしまや出版のサクレの記事で癒されました」(綾瀬、61歳、男性)
◆「私も捨て猫を飼っています。猫が大好きなのでこの記事の会社が羨ましい。あと、パンのお店が紹介されるとすぐ行きたくなります。『輝くお店セレクション』の発表が楽しみです」(西綾瀬、58歳、女性)
◆「野良猫地域猫のいる町は良いところ、というのが自論です」(千住関屋町、65歳、男性)
◆「5名で宮城南公園で外猫の食事・排せつの世話、避妊・去勢、里親などの活動をしています。同じ気持ちをお持ちの方がおいでになる…うれしく、感謝の思いです」(宮城、74歳、女性)
◆「インターハイに優勝した沢目さんは足立小学校の出身で、弟さんが在籍しています。足立小学校で放課後子ども教室のスタッフをしているので、活躍がうれしいです」(足立、58歳、女性)
◆「『鹿浜周辺をお散歩』を楽しく読ませてもらいました。都市農業公園には、季節ごとに行っていますが、周りを散策したことがなく、次に行くときに、本紙を持参で色々探してみたいと思います」(柳原、74歳、男性)
◆「都市農業公園内で育てた作物を販売しているのですね。しかも無農薬・無化学肥料とのこと、心ひかれます。西洋ミツバチの『百花ミツ』も気になります。今度早起きして行ってみます」(青井、56歳、女性)
◆「いつも車で通る鹿浜がドンドン新店が増えていてビックリ! ナマステもキロロもぜひ行きたいです。楽しみです」(扇、61歳、女性)
◆「今号では『人・ピープル・ひと』の足立区生物園園長関根雅史さんの記事を興味深く読み、以前から気になっていた生物園に興味がわきました。記事に簡単な交通案内があるとよかったです」(大谷田、72歳、男性)
◆「我が家は百人一首のチョコレートの話で盛り上がりました。観て、詠んで、味で覚えるの楽しそうです」(宮城、52歳、女性)
◆「『お菓子コンテスト』の記事に注目しました。子どもたちがお菓子のことを考える際の楽しげな感じが、どの作品からも伝わってきて良かったです。もっと言えば、大人にとっても『お菓子』は『楽しさ』と結び付いているものです。お菓子の良さを再確認しました」(中央本町、48歳、男性)
◆「たまたま今朝TVで息子(27)が見ていた仮面ライダーリバイスをちらりとのぞいて……なんとそのロケ地がタカラ湯と知り(今号の記事を読んで)ビックリ! 最近大黒湯さんが閉店してしまったので、寂しく思っていたところでしたので、応援したいと思いました。町会行事が出来るようになったら、利用させていただきたい」(千住元町、55歳、女性)
◆「『仮面ライダーリバイス』についてのタカラ湯の記事を子ども2人がとても喜んでいました。特に娘は撮影風景を複数回見ることができ、その都度私に感激した内容を伝えてくれて、家族団らんの一つとなり感謝しています」(千住旭町、57歳、男性)
◆「わたなべ音楽堂は自宅近くなので、ぜひこの機会に行ってみたいです。『あの町この店』kuriAも初めて知りました。いつも買い物などで前を通っているはずなのに全然気付きませんでした。主人好み(牛タン好き)の店なので、近日中に寄ってみます」(梅田、66歳、女性)
◆「身体が不自由なため家の中で新聞、本を読むのを楽しみにしています。足立区内のお散歩のページ、行くことは出来ませんが、頭の中での散歩楽しいですよ」(佐野、81歳、女性)
◆「毎回、足立朝日の足で集めている情報に感服し影響を受けています。7月、足立区堀之内の大賀ハスを友だちと見に行きました(もちろん足立朝日情報です)。そして、千葉公園の大賀ハスも行ってきました。見事な蓮でした」(中央本町、61歳、女性)
◆「あの町この店(kuriA)。コロナが治まったら、ぜひ行ってみたいです」(梅田、56歳、男性)