足立朝日

秋真っ盛り! 「竹ノ塚駅西口周辺」を お散歩

掲載:2021年11月5日号
 涼しくなり季節は秋に。竹の塚西口周辺には、区内有数の紅葉スポット薬師寺がある。

A紅葉で心身ともにリフレッシュ
 「80種のモミジが山門からトンネルを作り、錦絵のような美しさ」と言われて有名な薬師寺(伊興5-4-3)。通称「ツバキとモミジのお寺」とも呼ばれている。
 境内にはモミジのほか、100種を超すツツジ、ケヤキ、クスノキ、メタセコイア、エノキが鬱蒼としている。これらが秋に紅葉して見事な景観になる。
 これらは、同寺44代目住職の浅川元之さん(78)が中学時代に「この寺をツバキとモミジの寺にしよう」と決意し、自転車で植木の町・安行まで植木を買いに行って植えたいわば分身。
 紅葉は通常11月中旬から始まり、下旬から12月上旬にピークを迎える。
 緊急事態宣言も明けたので、なまってしまった身体を動かすために外出し、コロナ禍で沈んだ気持ちを目の覚めるような景色でリフレッシュしよう。
 同寺は駐車場がないため、竹ノ塚駅から徒歩あるいはバスのご利用を。
B行列の出来るつけ麺専門店
 雑誌「TRYラーメン大賞-東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー」で2018年に新人賞を受賞すると、その後も同紙の「つけ麺・濃厚部門」でほぼ毎年のように受賞する人気店「つけ麺 和-kazu-東京本店」(西竹の塚1-12-9、TEL5856・9377)。昼時にもなると行列が出来る人気店で、この味を求めて遠方からも電車や車で食べに来る人もいる。
 同店は、葛飾区亀有にある名店「つけ麺 道」で修行を積んだ金井和繁店主がオープン。2年後には、仙台に2店舗支店を開いた。
 同店のつけ汁は、豚骨、鶏ガラ、さまざまな魚介を使用。魚介が苦手な人でも、魚臭さを感じない濃厚でクリーミーなのが特徴だ。麺は超極太で、もちもち歯ごたえがある。茹で上がるまでに14分と時間は掛かるが、この麺とつけ汁が合わさることで、飽きのこない舌ざわりの良い一杯に仕上がっている。
 オススメは「特製つけ麺」(1050円)で、レアに仕上げた豚チャーシューと鶏チャーシューが各1枚、メンマ、味玉、海苔3枚が付いてくる。麺の量は通常200g、中盛300gはプラス100円、大盛400gはプラス200円になっている。また、別皿で出てくる「にんにく醤油」を途中で入れると味にパンチが出て、印象や旨みがさらに増す。冷凍のお土産つけ麺もあるので、店内で食事をした後に、ぜひお持ち帰りで!
 カウンター席4つ、4人掛けテーブル2つ。
★「足立朝日を見た」で12月末まで味玉1個サービス
【営業時間】午前11時~午後3時、午後6時~9時(日曜は午後8時までの通し営業※材料なくなり次第終了)、年中無休
Cブラジルを中心とした多国籍料理を提供する路地裏カフェ
 竹ノ塚駅の小さな踏切がある細い路地に昨年11月にオープンした「パステリカカフェ」(西竹の塚2-4-1、TEL6318・4520)。日系ブラジル人の大里リカオーナーが、ブラジル料理を中心にタイ、ペルー、イタリアなど各国の料理を提供するカフェを開いた。
 オススメは、昨年テレビ東京の「モヤさま」でも紹介されたブラジルの揚げパイ「パステウ」。ブラジルの国民食で、現地では屋台でも販売される。パイの中には何を入れても良く、現地の人たちは色々なものを入れているらしい。同店で人気なのは食事系だと「ミートチーズ」(385円)、スイーツ系だと「いちご」(495円)などで全18種。
 その他、「ガパオライス」(550円)、ヒレ肉を使ったペルー料理「ロモサルタード」(935円)といったメニューも人気がある。
 基本的にアイスなど溶けるもの以外全て持ち帰り可能。出前館やウーバーイーツなども対応している。
 店内を使ったイベントや絵画などの展示も出来るので、興味ある方は相談してみては。
 店内はカウンター、テーブル席含め20席。
★「足立朝日を持参」で店内で飲食の方に11月末までコーラ、アイスコーヒー、オレンジジュースのいずれか1杯サービス
【営業時間】午前10時~午後5時ラストオーダー、年中無休
D近未来型デイサービスで活き活きとした暮らしのお手伝い
 尾竹橋通り沿いに、今年5月に出来た「デイサービスまゆら本店」(西竹の塚2-12-16、TEL5647・9511)。通り沿いの大きな窓からは中の様子が見え、全員が笑顔で楽しく過ごす様子が伝わってくる。
 ①ホテルのラウンジを思わせる心身からくつろげる上質な空間②一流スタッフによる上質な接遇③最新鋭の安全対策と感染対策④自立した生活を支えるリハ&シャワースパ⑤芯から温まる本格的な岩盤浴「岩盤ほっと」、という5つの近未来型ポイントで「いつまでも活き活きと暮らしたい」という思いを応援している。
 「デイサービスに行ってることが知られるのが恥ずかしいから行きたくない」という多くの人が持つ概念を取り払うための要素が満載に詰まっている。
 iPadを活用しながら、安全で効果的なリハビリを実施。映像でリハビリ前後の様子を視覚化することで、目に見える成果を実感することができる。普段の日常生活と同じ状況にするため、出来るところは自分でやってもらい必要以上に手助けしないことで、外に出てもやっていける自信につながる。
 家族と旅行に行く、友人と映画に行く、といった皆さんが町で暮らすためのお手伝いを全力でサポートしてくれる。利用には介護認定が必要。見学は随時行っているので、一度見学に訪れてみては。
【営業時間】午前8時半~午後5時半、土日定休

写真A①山門からのモミジのトンネルは圧巻
B①特製つけ麺
B②黒い看板が目印
C①「ミートチーズ」のパステウ
C②「お待ちしてます」とスタッフの皆さん
D①ホテルのロビーのような空間でストレッチ
D②大きな窓が特徴的