足立朝日

第45回 友愛クラブ連合会 大運動会 650人が参加

掲載:2021年11月5日号
 晴天に恵まれた10月6日(水)、足立区友愛クラブ連合会(村上光夫会長)が、今年で45回目を迎えた大運動会を平野運動場で行った。
 大会は、区のガイドラインに沿って、人員は約8割にしぼり、午前中のみの開催として実施。
 午前9時から始まった競技は、「ダルマ引き」、野菜を番号で当てる「夢のお買い物」、「スプーンレース」、背負ったカゴに紙で作った魚を入れる「さかな釣り」などと続き、5ブロックが競う最後の競技「玉入れ」で大盛り上がり。結局千住ブロックが、全員の奮闘で見事5連覇を果たした。
 大野利夫実行委員長は「昨年は中止になりましたが、今年はコロナを吹き飛ばすかのような大会ができました」と話した。

写真上/「玉入れ」で5連覇を果たした千住ブロック
下/最後を飾った「和踊り」