足立朝日

掲載:2019年4月5日号
●梅田地域学習センター
 ①「スポーツスタッキングひろば」4月6・20日、5月4日(土祝)午後2~4時。定員20人、無料、当日受付 ②「Lコンサート ボサノヴァ・スプリングタイム」4月13日(土)午後7時~8時半。定員80人、1000円、受付中 ③「おはじきサッカー体験」4月13・27日(土)午後2~4時。定員15人、無料、当日受付 ④「歌声サロン『昭和歌謡』」4月20日(土)午後2~4時。おおむね40歳以上対象、定員120人、500円、当日受付。問合せTEL3880・5322
●生物園
 ①「元渕江公園さくらフェスタ」4月7日(日)まで。▼「お花のワークショップ」4月6日(土)・7日(日)午前10時半~正午・午後1時半~3時。定員各回10組(当日午前9時半~受付)、未就学児保護者同伴、800円(入園料不要)。自然を利用したおしゃれなインテリア、ハーバリウム作りに挑戦しよう。同時開催=花の即売会(午前10時~午後4時) ②「ヒツジのショー」4月6日(土)午後1時10分~1時25分、雨天中止。未就学児保護者同伴、無料 ③「春の金魚すくい」4月27日(土)~29日(月祝)午前10時半~正午・午後1時半~3時。未就学児保護者同伴、1ポイ100円(別途入園料)。デメキンやリュウキンもすくえる。入園料=大人300円、小人150円。問合せTEL3884・5577
●桑袋ビオトープ公園
 ①「レジンで作ろう! 押し花バッジ」4月7日(日)午後2~3時。定員20人(先着・当日9時~あやせ川清流館で受付)、未就学児保護者同伴、無料 ②「家族で探そう! ダンゴムシ~ちびっこ自然体験~」4月28日(日)午前10時半~11時半。自然解説員と一緒に家族でダンゴムシを探して観察しよう。未就学児と保護者対象、定員20人(抽選)、無料。園内窓口・往復ハガキ・FAXで参加希望者全員の住所・氏名(ふりがな)・年齢(学年)・電話・FAX・「(イベント名)参加希望」と明記して申し込む(電話申込み不可)。4月16日(火)必着。問合せTEL3884・1021、FAX3884・1041、〒121-0061花畑8-2-2桑袋ビオトープ公園(あやせ清流館)
●荒川ビジターセンター
 ①「川あるきの日」▽4月7日(日)午前10時~11時半、わんど広場。定員20人(先着・当日午前9時50分~同センター受付)、未就学児保護者同伴、無料。桜や花を探しながら、花に集まる生きものも見つける▽4月28日(日)午前10時~正午、鹿浜橋~江北橋左岸。定員20人(先着・当日午前9時50分~鹿浜橋左岸受付)、未就学児保護者同伴、無料。荒川の五色桜を眺め、植物や昆虫など生きものを調べる ②「春の野草のアレンジメント」4月20日(土)午後2時半~・3時10分~・3時50分(各回30分程度)、学びピア4階講堂ロビー。定員各回10人(先着・当日9時~同センターで受付) ③「草花ステンシルで絵はがきづくり」4月29日(月祝)午前10時~11時半・午後1時半~3時半(時間内随時受付)、学びピア4階土手側入口。未就学児保護者同伴、無料。①~③いずれも汚れても良い服装(長袖・長ズボンで。サンダル不可)、タオル・帽子持参。問合せTEL5813・3753
●中川水再生センター「八重桜を見る会」
4月14日(日)午前10時~午後3時=施設見学+微生物観察。
同時開催=「スダジイの巨木に会いに行こうー江戸時代へタイムスリップしよう」。足立区最大級の樹齢320年、江戸時代には「大谷田新田のまもり神」と呼ばれたスダジイを樹木医がガイドする。①午前11時~正午②午後1時~2時。集合場所=中川水再生センター1階ロビー(中川5-1-1)。問合せTEL3629・8164 都立中川公園サービスセンター
●あだち再生館
 ①「着物地で作るドレープベスト」4月16日・23日(火)午前10時~正午。両日参加可能な人対象、定員10人、400円。持ち物=着物(解いてアイロンを掛けてくる)・型紙(新聞紙2枚)・裁縫道具 ②「手作りハーバリウム」4月17日(水)午後1時半~3時。定員10人、500円。持ち物=エプロン・作品を持ち帰る袋 ③「吊るし飾り『にんじん・かぶ・唐辛子』」4月24日(水)午前10時~正午。定員10人、500円。持ち物=絹糸(赤、白、緑)・裁縫道具。①~③いずれも区内在住・在勤・在学者対象(小3以下保護者同伴)、窓口・電話・ハガキ・FAXで(重複申込みは無効)で講座1週間前までに申し込む。当選者のみハガキ通知。問合せTEL3880・9800、FAX3880・9801、〒120-0011中央本町2-9-1 あだち再生館
●「興本図書館 朗読会(301回)」
 5月4日(土祝)午後1時半。朗読作品(作家)=斎藤隆介、堀真潮、泡坂妻夫。朗読=樫の実会。自由参加、無料。問合せTEL3889・0370
●第17回「両国にぎわい祭り」
 4月27日(土)・28日(日)午前10時半~午後4時。メイン開場=国技館通り、その他会場=回向院、両国国技館、すみだ北斎美術館、東京都江戸東京博物館、江島杉山神社。無料(一部有料イベントあり)。大好評の「ちゃんこ」の競演「ちゃんこミュージアム」、ステージイベント(バンド、ダンス、お囃子)、両国の歴史を専門ガイドと共に楽しく学べる街歩きガイドツアーなど、両国の魅力満載。問合せTEL3626・9974(代表)実行委員会事務局
●都市農業公園 「春の花まつり」
 ①「春の花まつり」4月13日(土)・14日(日)午前9時~午後4時。約50種290本の桜とチューリップ大花壇が彩る園内で、野菜販売、ハーバリウムボトル作りなど、イベント盛りだくさん ②「桜でストール染め」4月21日(日)午後1時半~3時。定員15人(抽選)、小3以下保護者同伴、1500円(作品持ち帰り)。桜の枝を使って染める。往復ハガキ(返信面にも宛名記入)にイベント名・参加希望者全員の住所・電話番号・氏名(ふりがな)・年齢(学年)・同伴者の有無を明記して、〒123-0864鹿浜2-44-1足立区都市農業公園に申し込む(1通2名まで、同伴者は申込数に含まず)。4月10日(水)必着 ③「草笛教室」4月27日(土)午前11時半~正午・午後1時半~2時・2時半~3時。定員各回15人(当日9時~交流館ビジターセンターで受付)、未就学児保護者同伴、無料 ③「野菜の収穫体験」4月29日(月祝)午前9時半~10時半・11時~正午。定員各回20組(1組4人まで/(当日9時~交流館ビジターセンターで受付)、小3以下保護者同伴、500円(野菜のお土産付き)。問合せTEL3853・4114
掲載:2019年4月5日号
●秋山利明氏が「男達のミニチュア展」に出品 
 4月6日(土)、7日(日)午前11時~午後6時(7日は5時まで)、オレンジギャラリー(西池袋1-9-11、TEL3971・5934)。入場無料、ワークショップ開催。2月号2面「ピープル」欄に登場したミニチュア作家の秋山利明さん(東綾瀬1丁目在住)が、これまで作ったミニチュア作品の一部を並べる。仲間11人が出品。
●「北千住『島』プロジェクト 巨大迷路を突破せよ~活動の記録展」
 4月13日(土)・14日(日)午前11時~午後4時、千住宿歴史プチテラスギャラリー(千住河原町21-11)。入場無料。北千住を巨大迷路に見立て、2014年から約1年半かけて一筆書きでいける最長距離を歩き尽くした活動を辿る。詳細はFacebook
●2019〈第30回〉「春のふれあいコンサート」
 4月14日(日)午後0時半開演(正午開場)、西新井文化ホール。入場無料。合唱団29団体によるコンサート。公募で集まった過去最多の175人による「春のふれあい合唱団」が、小編成の器楽の伴奏つきで、演奏を披露する。また、30周年記念の招待演奏として東京藝大の現役・OB・OGからなる「杜の音シンガーズ」の合唱団が参加する。問合せTEL3886・9720、TEL090・9208・2625坂口
掲載:2019年4月5日号
● 「千住のお宝はこれだ!」 街の駅「私の千住自慢フォト」展示会
 自分が気に入っている千住一番の自慢なものや場所の写真を募集。応募写真は館内に展示する。【応募期間】4月1日(月)~22日(月)【展示期間】5月22日(水)~6月17日(月)午前9時~午後5時(写真の展示期間は1週間。展示替えあり)【募集要項】▽1人2点まで、写真の大きさはA5からA4まで。古い写真でもOK!(写真は特別の事情がある場合を除き返却なし)。▽「いいね」の投票用紙を館内に設置し、得票の多い応募者に優秀賞として「千住宿歴史ウォークガイドブック」を進呈。【展示場所】千住街の駅(千住3-69) 【応募方法】投稿写真を直接「千住街の駅」に持参。その際、参加申込書に必要事項をご記入。【参加費用】無料【注意事項】▽応募作品はオリジナル作品に限る。画像加工(トリミングを除く)した作品、第三者より特定の目的で利用された作品は不可。▽応募作品に他人が権利を有する著作物が写っている場合または他人の肖像が写っている場合は、その権利者から事前に承諾を得る。▽投稿写真の展示場所の指定不可。▽対象・テーマに制限なし。ただし、公共の秩序を害する恐れのあるもの、及び広告・宣伝を主体としたものは、不可。【問合せ】TEL080・6630・8037千住街の駅(午前9時~午後5時/火曜定休)
掲載:2019年4月5日号
●あだち区民大学塾「中世を読み解く『日記』に見る中世」
 5月12・19・26日(日曜・全3回)午後2~4時、学びピア5階研修室。定員30人(抽選)、1500円(全3回分、初日に支払う)。講師=大関直人氏(法政大学研究員)。12日=日本の「中世」とはどのような時代か、19日=院政期から鎌倉時代、26日=南北朝から室町時代。申込みは往復ハガキに、住所・氏名(フリガナ)・電話番号・「日記に見る中世」を明記して、〒120-0034千住5-13-5足立区生涯学習センター内「あだち区民大学塾事務局」まで申込む(連名可)。4月26日(金)必着。問合せTEL5813・3759(平日午後1~5時)
掲載:2019年4月5日号
●「西新井大師境内骨董市&手作り市」
 4月12日(金)午前9時~午後3時半、出店者募集中。毎月第2金曜開催。主催・NPO足立区を元気にする会、後援・西新井大師、西新井大師商栄会。TEL070・6462・2542吉田