足立朝日

掲載:2021年4月5日号
●梅田地域学習センター
 ①「Lコンサート ショパンvsリスト 大室晃子ピアノコンサート」4月10日(土)午後7時~8時半。定員80人、1000円。受付中・当日受付可 ②「自宅で気軽に簡単ヨガ」4月13日~27日 (毎火) 午前11時15分~午後0時半。16歳以上対象、定員各日30人、1回550円。受付中・当日受付可 ③「歌声サロン『昭和歌謡』」4月17日(土)午後2~4時。おおむね40歳以上対象、定員120人、550円。当日受付。問合せTEL3880・5322
●都市農業公園
 ①「ハーバリウムボトルづくり」4月10日(土)・11日(日)午前10時半・11時半、午後1時半・2時半(1回30分程度)。定員各回6人(先着/当日9時~都市農業交流館1階ビジターセンターで受付)、小3以下保護者同伴、650円(作品は持ち帰り) ②「季節の染め物『桜染め体験』」4月11日(日)午前9時半~10時半・11時半~午後0時半・2~3時。定員各回8人(先着/①に同じ)、小3以下保護者同伴、500円(作品は持ち帰り)。持ち物=汚れてもよい服装 ③「野菜の収穫体験(5月)」5月2日(日)・3日(月祝)午前9時半~10時半・11時~正午・午後1時半~2時半。定員各回10組(抽選・保護者含め1組3人まで)、小3以下保護者同伴、1組800円。往復ハガキ(返信面にも宛名記入)にプログラム名、希望日時、参加希望者全員の住所・電話番号・氏名(ふりがな)・年齢(学年)、同伴者の有無を明記の上、〒123-0864鹿浜2-44-1都市農業公園まで申し込む(1通につき1プログラムのみ、1プログラムにつき1人1回限りのみ申込可)。4月14日(水)必着。問合せTEL3853・4114
●桑袋ビオトープ公園
 ①「自然のあそび屋台(申込不要)」4月11日(日)・29(木祝)午後2~2時半、うき島池デッキ横に集合(雨天の場合、あやせ川清流館で実施)。未就学児保護者同伴、無料。4月は「春の野草ぬり絵」などから選んで挑戦 ②「野草で押し花バッジ作り(当日申込)」4月18日(日)午後2~3時・3時半~4時半。定員各10人(先着/午前9時~あやせ川清流館で受付)、未就学児保護者同伴、無料。公園の野草を押し花にして布に貼り付けて缶バッジを作ろう。問合せTEL3884・1021
●荒川ビジターセンター
 ①「川あるきの日 生きもの調査」4月18日(日)午前10時~正午、鹿浜橋~江北橋左岸(鹿浜橋下左岸集合)、小雨決行、荒天中止。定員20人(先着/当日9時50分~集合場所で受付)、無料。持ち物=汚れてもよい服装(長そで長ズボン着用。サンダル不可)、飲み物、帽子、タオル、雨具(雨天時) ②「草花ステンシルで絵はがきづくり」4月29日(木祝)午前10時・11時、午後1時半・2時半(各回約40分)、学びピア4階土手側入口(荒天時は5階研修室4)。定員各回9人(先着/当日午前9時~同センターで受付)、未就学児保護者同伴、無料。草花をこすり模様をつけて絵はがきを作る。問合せTEL5813・3753
●「デフリンピック・フェスティバルinTOKYO東西南北」
 5月1日(土)午後1時~3時40分、区庁舎ホール。デフリンピックは聞こえない選手のオリンピックとも言われるスポーツの総合国際競技大会。その知名度向上を図るイベント。オリンピアン・パラリンピアンによる記念講演など。問合せTEL5464・6055東京都聴覚障害者連盟事務局
●竹の塚図書館「おりがみのバラ園」
 竹の塚図書館の入口にあるショーケースで、5月8日(土)までおりがみのバラ園が展示されている。 
 同図書館が大人のおりがみ教室を実施している縁で、竹の塚にあるCAFE RICCOから借りたもの。おりがみとは思えない緻密なバラに、図書館利用者から「コロナ禍で気持ちも塞ぐ中、とても素敵なものを見せてもらった」と喜ばれている。問合せTEL3859・9966竹の塚図書館
●駅からハイキング&ウォーキング「川と緑に囲まれた千住の街を散策。ゴールでは家族で楽しめるイベント開催!!」※「まん延防止等重点措置」により中止になりました
 JR東日本主催の「駅からハイキング&ウォーキングイベント」が千住地域で開催。参加費無料、予約不要のイベント。
 今回のコーステーマは「川と緑に囲まれた千住の街を散策」。北千住駅から荒川、墨田川沿いを巡る水辺の散策。4月24日(土)、25日(日)にはゴールの北千住駅南コンコースで、区との合同イベント「オランダフェスin北千住駅」も開催される。
【期間】4月19日(月)~25日(日)
【受付時間】午前9時~10時半
【受付場所】北千住駅南改札外
【コース】北千住駅→千住街の駅→学びピア21(芭蕉像、荒川ビジターセンター)→柳原千草園→千住大川端公園→千住宿歴史プチテラス→北千住BUoY(カフェ&ギャラリー)→仲町の家→北千住駅南改札外コンコース
【距離・時間】約7.5㎞、約3時間
【ゴール時間】午後3時まで
【オランダフェス】4月24日(土)、25日(日)午前10時~午後5時。チューリップ展示、パラスポーツ体験(ボッチャや競技用車いす体験他)、オランダ酒場(千住の人気店SUZA bistroによる電車パンなどの販売)、子ども絵画展「未来の鉄道・未来の駅」、現役の運転士、車掌とプラレールを楽しもう、全国で初導入の小型消防車が登場
【問合せ】TEL090・8565・8752 JR北千住駅お問い合わせデスク(午前10時~午後5時)
掲載:2021年4月5日号
●六町ミュージアム・フローラ 春の企画展「桜舞う雅の都 装う春」
 4月30日(金)までの午前11時~午後5時(入館は閉館30分前まで)、日・月休館、六町ミュージアム・フローラ(六町2-5-35/TX「六町駅」A1出口徒歩3分)。料金=大人300円、学生・生徒200円、小学生以下無料(保護者同伴)。出展=岸田劉生、山口華陽、中島千波、西田俊英、酒井抱一ほか。問合せTEL3885・7333
●足立区立郷土博物館 出張展示「千住の琳派絵師 村越向栄の掛け軸、さとがえり」
 4月24日(土)・25日(日)午前10時~午後5時、仲町の家(仲町29-1/北千住駅西口徒歩約10分)。無料。江戸・明治に千住を活動の拠点にしていた画家、村越其栄・向栄親子。千住宿の基盤を作った石出掃部介吉胤を祖先に持つ石出家が所蔵していた向栄の《秋草図》が、石出家の別邸「仲町の家」に里帰りする。問合せTEL3620・9393足立区立郷土博物館
●キッズパフォーマンス集団 ほしかぜ 第2回公演「ゴーゴー!!ツッパリ★トラベラー」
 4月25日(日)午後4時半開演(4時開場、上演時間50分予定)、エルソフィア(梅島駅徒歩3分)。無料(座席数制限あり)。ほしかぜHPから公演特設ページのチケットフォームで予約。生配信あり(アーカイブなし。後日DVD作成)。区内の5~12歳の子どもたちのエネルギー輝く公演。▼あらすじ=1980年へタイムスリップ!? なんとそこには学ランを着た14歳のおじいちゃんたちが!! 個性豊かなツッパリたちに囲まれながらどんな未来へ向かうのか。足立区のネタもたくさん盛り込んだオリジナルコメディー。MAIL
掲載:2021年4月5日号
●区民教養講座「森鴎外文学碑再設置記念のつどい」
 4月29日(木祝)午後1時半、東京芸術センター2階(千住1-4-1/北千住駅西口徒歩10分)。テーマ=明治を開いた文豪・森鷗外と千住、講師=山崎一穎氏(前森鷗外記念会会長、跡見学園理事長)※参加人数に制約あり。講演終了後、東武ストア脇の「千住の鷗外碑」見学。問合せTEL3620・9393足立史談会(金・午前10時~正午)
●あだち区民大学塾
 ①「『日本書紀』編纂1300年~真偽を読み解く~」 5月14・21日(金)午後2~4時、学びピア5階研修室。定員50人(抽選)、1000円(全2回分・初日に支払う)。講師=榊原金市氏(NPO法人シニア大楽講師)。編纂の背景、神武天皇は実在したのか、卑弥呼や邪馬台国、大化の改新の背景など、近年研究されている諸説を読み解く。4月28日(水)必着 ②「中世を読み解く 『日記』に見る中世Ⅱ」5月8・22日、6月5・12日(土)午後2~4時、定員30人(抽選)、2000円(全4回分・初日に支払う)。講師=大関直人氏(法政大学研究員)。貴族の日記を読みながら当時の政治・経済・文化等を読み解く。4月26日(月)必着。①②ともに申込みは往復ハガキで、住所・氏名(フリガナ)・電話番号・「日本書紀」か「日記にみる中世」を明記。〒120-0034千住5-13-5足立区生涯学習センター内「あだち区民大学塾事務局」まで(連名可)。メールでも受付。問合せTEL5813・3759(平日午後1~5時)
●歴史と地域を深堀「千住宿歴史ウォークガイドブック」第2巻が発刊
 千住の名所・史跡を楽しみながら歩ける「千住宿歴史ウォークガイドブック」の第2巻(写真)が、NPO法人千住文化普及会(櫟原文夫理事長)の手で発刊された。
 千住1~5丁目を取り上げ、3年前の4月に発刊された第1巻の続編。今回は名所・史跡38カ所について、街歩きのガイドができるレベルまで掘り下げた情報が掲載されている。
 4ルートの「街歩きモデルコース」と、お薦めの食事処やショップ、銭湯、飲み処などを新たに紹介。掲載しきれない店舗は普及会HPで紹介する予定。歴史的背景や言い伝えなどをわかりやすい文章と写真やイラストを多用して解説。後述の書店などでの販売のほか、区立小・中学校や図書館に寄贈される。
 A5版サイズ、20頁、550円(税込)。販売先は千住街の駅(千住3-69)、ぶっくらんど(千住2丁目)、ブックファースト ルミネ北千住店
【問合せ】TEL090・4012・6990千住文化普及会・岡野★5人にプレゼント。
掲載:2021年4月5日号
●総合ボランティアセンター LINEアカウント開設 お友だち募集中
ボランティア活動をより身近に感じてもらおうと、足立区の総合ボランティアセンターが、LINE公式アカウントを開設した。友だち登録(追加)すると、ボランティアに関する情報や講座、イベントなどの案内が届く仕組み。ボランティアに関心のある人は誰でも登録できる。
 登録方法は、LINEのホーム画面の右上の友だち追加ボタン(人型アイコン)を押し、ID検索から「@603syibz」を入力するか、上記のQRコードを読み取り追加する。【問合せ】TEL3870・0061、FAX3870・5900総合ボランティアセンター(日・祝日以外の午前9時~午後5時)=日ノ出町27-3-102 UR日の出団地3号棟1階
掲載:2021年4月5日号