足立朝日

掲載:2020年5月5日号
撮影/林雅隆さん(66)
=中央本町3丁目在住


 ここは、綾瀬6-17、都立東綾瀬公園の「カルガモの池」。 (さらに…)
掲載:2020年5月5日号
創業者を風化させない

 「社員に常々言っているのは『新しい葉や枝はどんどん伸ばすけれど、幹は変えない』ということです」――市川社長の口から出て来る言葉は、すべて「見出し」になるようなものばかり。それも、単なる美辞麗句ではなく、実践に裏打ちされた中味の詰まった重い言葉である。 (さらに…)
掲載:2020年5月5日号
鹿浜橋
(鹿浜1・2丁目~新田1・2丁目)
橋長 604m
架設 昭和43年(1968年)
構造 ゲルバー式合鋼製I桁橋
(さらに…)
掲載:2020年5月5日号
重陽の宵に笑み栄ゆ

 この秋、シアター1010が贈る「千住落語会」に、「チケットが取れない落語家」としてファン泣かせの春風亭一之輔が「重陽の宵に笑み栄ゆ」を副題に登場! (さらに…)
掲載:2020年5月5日号
コバケン×千住真理子 炎の共演

 この4月に傘寿を迎えたクラシック界のレジェンド「炎のコバケン」こと指揮者の小林研一郎。11月に、長年親交を結ぶハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団に、デビュー45周年のバイオリニスト・千住真理子をソリストに迎え「80歳祝祭演奏会」をかつしかシンフォニーヒルズで行う。 (さらに…)